> NEWS > レオナールについて

NEWS

2016-01-27
レオナールについて


「世界で最も美しいプリント」とも称されるパリのプリントファッション。
1943年にパリでジャック・レオナールがニット工房を設立したのが始まり。
フランスのリヨンでテキスタイルへのプリント技法を学んだダニエル・トリブイヤールが社長兼チーフデザイナーとして迎えられ、1958年、ダニエルとジャックが「レオナール」ブランドを創業。
ブランド名は創業者であるジャック・レオナール氏のファミリーネームに由来。創業時の目標は「世界一美しい花、蘭を、最高の生地である絹の上にプリントすること」だったという。

伸縮性のある生地の上へのプリントが困難とされた時代に、「レオナール」はニットへのプリント技術を開発。
さらに技術に磨きをかけ、1960年、プルオーバーにプリントを施す“Fully Fashioned”という技法を開発し、ブランドは一躍脚光を浴びるようになる。
このテクニックは1964年に国際特許を取得。1969年、シルクジャージへの多色プリント技術を確立。
高度なシルクスクリーンプリントは、熟練の手作業により、プリント物では異例ともいえる30以上の色を1色ずつ重ねて、繊細なグラデーションを表現。
レオナールのイマジネーションの原点で、花のレオナールの代表的なモチーフ『蘭』を中心に、アニマルや幾何学模様などのプリントがあり、世界中の女性たちから世代を超えて愛され続けている。